ホーム > 養鶏 > 給餌器 > ケージフィーダー(M-C型・M-CA型・S-2型)

ケージフィーダー(M-C型・M-CA型・S-2型)
レイヤー用全自動飼料給餌装置

実績あるケージ用自動給餌装置

特長

ケージフィーダー:M-C型/M-CA型
●給餌は、専用《直流》モーターとスクリューでホッパー内の飼料を切出す方式で、給餌量誤差が大変少ない、高信頼度のレイヤー用飼料自動給餌装置です。
●飼料切出し専用の《直流》モーターの回転数を、電圧変換でコントロールしてスクリューを回転し、飼料の切出し量(給餌量)を常に一定に保ちます。
●切出し機は、プラスチック製で半透明な丸型ホッパー内の飼料全体をバランス良く切出し、餌のブリッジがありません。
●給餌量の微調整はダイヤル式で、希望の目盛りに合わせていただくだけで簡単です。また、テストスイッチ付ですので、ケージ1段・1列ごとの給餌量調節も気軽に出来ます。
●飼料搬送用のフレキシブルコンベヤーとケージフィーダーは連動していて、給餌後常に新しい飼料がホッパーに補充され、いつでも鶏に新鮮な餌が自動給餌されます。
●ケージフィーダーは、シャーシーと型式(1段2連型~4段4連型まで)の組合せで、ほとんどの鶏舎・ケージに設置する事が出来ます。
●オプションのエサならし装置(エサカット専用、リミットスイッチ付)をセットする事で、給餌量のムラ・バラツキを更に少なくする事が出来ます。

製品カタログPDF

AdobeReaderのダウンロードPDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。

AdobeReader

M-CA型

M-CA型

M-C型

M-C型

補足資料

ケージフィーダー:S-2型
給餌は走行シャフトに連動したバルブ開閉式の機械切出し方式でホッパー内の飼料を給餌します。

運転操作
【メインコントロールボックス(走行制御盤)】
ケージフィーダー本体の走行用モーターを制御
電 源    /ON・OFF
自動・手動/スイッチ切り替え(自動/24時間タイマーで設定)
前進・後進・停止/押しボタンスイッチ
※停止⇔反転 /リミットスイッチ

【サブコントロールボックス(給餌量制御盤)】
飼料切出し機の専用モーターに直結
給餌量/ダイヤル調整式
給餌・停止・テスト/スイッチ切り替え

エサならし装置の仕様
エサカット専用・リミットスイッチ付
●餌樋に散ばっている残餌を中央に寄せ集めながらエサならしをします。
●エサカット専用のリミットスイッチが餌の残量を感知し、集められた餌が一定量より少ない所には設定量を給餌し、餌の多い所には給餌をストップして、エサならしを省き、しかも飼料のムダ・バラツキを少なくする、一石二鳥のエサならし装置です。

お電話でのお問い合わせ 026-292-1203お問い合わせ